フラッシュ脱毛

脱毛の手段としてレーザー方式とフラッシュ方式が主流となっています。

ここではフラッシュ方式についてみてみましょう。

フラッシュ方式もレーザー方式のどちらも光を使って脱毛処理をすることには変わりはありません。

フラッシュ脱毛はインテンス・パルス・ライトという光を用います。
インテンス・パルス・ライトはメラニン色素などの黒色に反応します。
レーザー光は単波長ですが、インテンス・パルス・ライトは複数の波長を持って居る点が異なります。
レーザーは単波長のため拡散しません(厳密には空気を通過することにより拡散はします)が、インテンス・パルス・ライトは複数の波長を持っているために距離が離れるほど拡散します。

インテンス・パルス・ライトを使った脱毛は、インテンス・パルス・ライトをカメラのフラッシュのように対象となる毛に対して一瞬照射します。
長時間の照射を行わないので、対象の毛の周辺の皮膚の温度が上がらないために皮膚への負担が少ないということが出来ます。
この照射によって毛根にエネルギーが伝わり、毛母細胞が死滅します。
しばらくすると毛が生えてきますが、この毛は以前の毛と比べて細い毛になって居ます。
このときに再びインテンス・パルス・ライト照射を行います。
これを繰り返すことにより毛がドンドン細くなり、抜けやすくなります。
最終的には毛が生えにくくなり、それとともに毛穴もふさがっていき目立たなくなります。

最初にインテンス・パルス・ライト照射を行ってから1ヶ月程度は効果が持続します。
それを数回繰り返す事で脱毛の効果が得られます。


■注目サイト
レーザー方式で脱毛性術を行っているクリニックのサイトです・・・脱毛クリニック

Copyright © 2014 脱毛の種類 All Rights Reserved.